この記事では子宮内膜の症状や治療方法について解説します。性行為で出血するばあい、20代でも子宮内膜の疑いがあることをご存知でしたか?

セックスの時に出血してしまう女性は、自分は大丈夫などと思わずに、この記事の内容をしっかりと確認していって下さいね。

子宮内膜症は20代の女性にも増えています…

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が、子宮の外で発生してしまう病気です。その組織が子宮外で月経のような現象を引き起こし、周辺の組織に悪影響を及ぼします。

子宮内膜症は、以前は30代~40代の女性に多くみられていたのですが、最近では10代~20代の女性にも患者さんが増えています。

子宮内膜症の症状については次の章で解説しますが、まだ20代だから大丈夫などと油断しないようにして下さいね。

子宮内膜症の主な症状は激しい月経痛や性交痛

子宮内膜症の代表的な症状は激しい月経痛となります。月経痛のほかにも下腹部痛や排便通などの痛みに悩まされます。

また、性行為の際に痛みを感じる場合や出血する場合もあります。

痛みとは別で、過多月経やレバー状のかたまりが月経中に確認されるなどの症状もありますので、月経周期などを普段から確認しておくと早期発見につながりますね!

症状が進行していくことで不妊の原因にもなることが確認されています。

子宮内膜の組織と臓器の癒着によって卵巣と卵管の動きが鈍くなることで排卵や着床の邪魔をすることが原因と考えられています。

子宮内膜症は月経の度に進行するため月経の回数が多い女性ほど病気が進行しやすいので注意が必要です。

子宮内膜症の治療方法は薬や手術

早く妊娠したいという女性には手術での治療が推奨されています。直接病変を取り除き、妊娠の妨げになっている癒着をはがす手術になります。

また、すぐに妊娠を希望しない場合でも疼痛が強い場合などには早めの手術を検討することも良いでしょう。妊娠を急いでいない場合には、ホルモン剤などでの薬物治療が一般的です。

生理の量を軽くする効果もあり、広く使用されています。また、ホルモン剤と並行して漢方を使い体質改善を試みることも効果的だといえるでしょう。

早期発見がとても大切なので身体に違和感を感じたらすぐに産婦人科で診てもらうことが治療の最善の方法でしょう。年齢、症状、進行度や妊娠希望など人によって治療方針は変わります。

主治医の方と相談の上、納得のいく治療方法を見つけていくことも大切ですね。